用途

こうして比較すると、引っ越し業者がピアノ運送をする際に外部委託をしているのであれば、直接専門業者に依頼するときとあまり相違がないことがわかります。あとは業者ごと、もしくは移動距離ごとの料金の違いがメインの比較ポイントとなり、わかりやすくなるでしょう。

そして最終的にはその運送用途によって決めるのが賢明でしょう。引っ越しなら引っ越し業者にまとめて依頼する方が楽ですし、それ以外にどなたかに譲渡するなどの用途であれば、わざわざ引っ越し業者に頼まずとも専門業者にお願いすればよいわけです。

こうした細かい比較を行っていって、一番お得で納得できる方法を選ぶことをおすすめします。大切なピアノを運んでくれるスタッフの方々との一期一会に期待したいものです。

どちらが得か

ピアノ運送を専門業者に頼むか引っ越し業者に頼むかで、単純に料金は異なるものなのでしょうか。

ピアノ専門業者の料金は、近郊なら2万円弱で行ってくれることがあり、遠方なら10万円強になることもあります。また、引っ越し業者と同様に階段やエレベーターがある場合、またクレーン運び出しが必要な場合はそれぞれに超過料金がかかり、システム自体はそう変わりがありません。

料金的にも大きな開きがあるわけでもなく、ほぼ業者による違いととらえてよいでしょう。つまり、専門業者に依頼した方が安く済むこともありますし、引っ越し業者についでに頼んだ方が安くついて楽ということもあります。運送距離によっても異なることがあるため、詳しくは見積りをしてもらって比較するとよいでしょう。

外部委託

繊細な取り扱いが必要とされるピアノの運送に関して、引っ越し業者に併せて依頼する場合には、スタッフはそういった知識を備えているのでしょうか。引っ越しスタッフとは、大半がアルバイトでまかなわれているイメージが強く、こうした楽器専門の知識を持っているスタッフがいるのかはいささか不安になってしまいます。

実際のところは、引っ越し業者が外部のピアノ専門業者に外部委託して行う場合が多いそうで、それにより精算などは引っ越し業者に一括で行えるものの、実際の運送はプロが行ってくれる便利なシステムになっています。

その際は、通常の引っ越し料金に追加料金がかかることが大半で、だいたい3万円前後から、遠距離になると10万円前後になる場合もあります。距離の他に、運び出しの際に階段やエレベーターがあるとき、またはクレーンでの運び出しが必要なときには、それに加えてさらに超過料金がかかることがありますので、注意しましょう。

引っ越しのときには

引っ越しのときのように、たくさんの荷物を運び出して運送する必要がある際には、悩ましいのはピアノの運送方法です。ピアノを専門に取り扱っている業者に頼めば安全であることは想像がつきますが、その他の荷物を運ぶ引っ越し業者と別に頼むのは若干煩雑です。

引っ越し当日に2つの業者が入っているだけでも面倒ですし、申込や手続き、支払いなども全て別に考える必要があるため、ただでさえ忙しい引っ越しの際の手間が余計増えてしまいます。できることはら簡便に済ませたい引っ越しでは、この手間は多少痛手でもあります。

そこで、引っ越し業者ではピアノ運送も併せて行っていることがあります。大手業者ならだいたいはOKと言ってもよく、詳細はそれぞれの業者に確認してみるとよいでしょう。

楽器専門業者

ピアノ運送を行っている業者は、ピアノ1本で運送をになっているところと、楽器全般を幅広く取り扱っているところがあります。いずれも楽器のプロということができ、繊細な楽器の取り扱いには詳細な知識と気遣いを持っていることが期待されます。

ピアノ専門か楽器全般かといった点で選択が変わってきそうですが、やはりピアノを専門に取り扱っているところの方が、微細なピアノのコンディションにも対応してくれることは想像に難くありません。

引っ越し業者が外注する業者がどのようなところかがわかりにくい点から考えると、楽器全般を取り扱うところでも楽器に対する造詣が深いとわかる業者なら、安定感もあります。